園児たちの日常を思い出に残してあげていますか?

「年に何回かカメラマンを派遣して、園での日常風景を撮影します」というサービスがありますが、それは日常なのでしょうか?
外部からカメラマンが入る日はどこか特別で、先生や園児たち全員の楽しい日常風景をその日だけで残すことができるのでしょうか?

コロナ禍、本当の日常のベストショットを残せるのは、一年中一緒にいる先生方しかいません。
子どもたちそれぞれが「きらめく瞬間」は、突然訪れます。
だからこそ先生方は、カメラやスマホで日常の写真や動画を撮影してあげているのだと思います。

園児たち

御社の社会的使命は「写真を撮影する」ことだけではなく、「大切な思い出を残してあげる」ことではありませんか!?
だとすれば、入園式や運動会などの正式な行事で撮影に出向いて写真を展示販売するだけではなく、先生方が撮った写真や動画の展示販売をサポートすることも御社の使命ではないでしょうか。

正式な行事の撮影だけでなく、先生方が撮った写真や動画がまとまったら季節ごと月ごとに入稿していただいて、ネットで展示販売してください。 地元の御社がやらなければ、先生方はネットで別のシステムを探しているかもしれません。


日常の思い出を残してあげるために、Pic-Upマイページが備えている機能をご覧ください。


コロナ禍で、外部のカメラマンを入れない園児たちだけの行事機会が増えていると思います。

これからは「撮影に入れないから写真販売での売り上げなし」とは考えず、「撮影に入れなくても、写真と動画とデジタル商品の展示販売を手伝って、写真販売の売り上げを確保」してください。変化に対応できる写真屋さんこそが生き残っていくのではないでしょうか。

Pic-Upマイページをご活用ください!

Copyright © 2022 Pleasure Sky Corp., All Rights Reserved.